乾燥性敏感肌にも安心のBBクリームならこれ!

乾燥性敏感肌BBクリーム

感想性敏感肌にお勧めのBBクリーム

乾燥性敏感肌にこの1本!

 

 

乾燥性敏感肌におすすめのBBクリーム

 

貴方は知っていましたか?
乾燥性敏感肌の人は、実年齢よりも10歳以上老けて見えてしまうという事実。

 

エイジングケアが効きにくい敏感肌は、くすみやシミ、たるみ、ほうれい線といった、老け顔に見える原因の宝庫となっています。

 

そんなお肌に頼もしい味方と評判なのは、ポーラグループの敏感肌専門ブランド「ディセンシア」から生まれた、アヤナスAS BBクリーム!

 

乾燥によって外部からの刺激に過敏になってしまう肌を守りながら、老けて見えてしまう原因の毛穴や小じわ、黄ぐすみなども、ワントーン明るく仕上げてくれる多機能エッセンスが配合された、敏感肌・乾燥肌のためのBBクリームです♪

 

乾燥性敏感肌BBクリーム

年齢肌をしっかりカバー<<アヤナスBBクリーム>>
送料無料・特別価格3,800円

 

保湿成分入りの美容オイルと、表面を滑らかにしてくれる板状紛体が配合され、カバー力はもちろん、瞬時に黄ぐすみをカバーしてくれる優れもの。さらに、伸びの良さは抜群で、ほんの少量の薄付きメイクでも、長時間化粧崩れの心配ありません。

 

もちろん、敏感肌用に作られているので、肌バリア機能を強化して外部刺激もブロックしてくれます。

敏感肌は老けて見える?

敏感肌になると、老けて見られるようになります。

 

まず、敏感肌になると、ちょっとした刺激にも反応してしまい炎症を引き起こしやすくなってきます。炎症が起こることにより、メラニンの生成を促す結果となるため、くすみが起こりやすくなる傾向にあるのです。

 

また、炎症を起こす頻度が高いことで、肌の弾力も低下することとなるため、しわも起こりやすい状態になってきます。目じりや口元などの皮膚の薄い部分にしわが出来るだけではなく、太く濃い状態のほうれい線にも悩まされるようになり、年齢よりも老けて見られてしまうのです。

 

くすみやほうれい線から解放されたいと考えたときには、バリア機能の強化を行うようにしましょう。バリア機能を高めるためには、保湿を行って肌自体を強く改善していく必要がありますし、余計な刺激を防止するためにも、肌に付けたときに痛みを感じやすい化粧品を使わないように注意しながらケアしていく必要が出てくるのです。

乾燥肌のスキンケア

乾燥肌でお悩みの方はたくさんいらっしゃることでしょう。冬場に特に酷くなるイメージが強いものですが、夏場でも紫外線などを浴びることによってお肌はドンドン乾燥していってしまいます。

 

そこで夏でもきちんとケアすることが大切になってくるのです。肌の保湿力を高めるためにはまず丁寧にクレンジング、洗顔をして余分な汚れを落とし丁寧に保湿をしてあげることが大切です。無理に擦ったり、洗いすぎは厳禁です。

 

しっかりと保湿をしても角層がダメージを受けていると水分はどんどん蒸発していってしまいます。角層は外からの悪い物質を防ぎ、内側からの水分蒸発を抑えてくれる、とても大切な部分です。

 

一日に一回剥がれて新しい角層は作られますが、間違ったスキンケアをしているとバリア機能の弱い角層が作られてしまうため、水分蒸発を促進させてしまいます。乾燥肌で悩んでいらっしゃる方は、まずこの角層部分を傷つけないように気をつけながらスキンケアをしていくことがポイントです。

 

 

【通常使用】アヤナスBBクリーム

乾燥性敏感肌かゆみ

さまざまな原因によって、お肌が乾燥した状態の乾燥肌。皮脂分泌の低下などにより保湿力もなくなってしまうと、お肌に潤いがなくなるばかりか、バリア機能も低下させます。そのため、お肌は外部からの刺激に対して敏感に反応するようになり、乾燥性敏感肌となってしまいます。

 

そして、そのバリア機能の衰えは、乾燥性敏感肌の多くの方が、悩んでいる「かゆみ」という症状を引き起こします。「かゆみ」という症状は、肌に刺激が加わると起こり、服や寝具の摩擦などや、髪の毛が触れたことによるものなども、原因となってしまいます。

 

さらに、カサカサになった肌を我慢できずにかいてしまえば、お肌の表皮に大きなダメージを与えてしまいます。その結果、肌荒れを悪化させることになり悪循環です。

乾燥性敏感肌炎症

乾燥性敏感肌は、乾燥肌が悪化し外部からの刺激に弱くなってしまった状態です。お肌の内部では、この外部刺激によって「微弱炎症」が起こりやすくなります。

 

本来肌には、セラミドなどによって潤いを保つ働きがあり、お肌のターンオーバーが正常に行われるようサポートしてくれています。しかし、その炎症で肌のターンオーバーが乱れると、コラーゲンを破壊したり、メラニンの生成を助けてしまうことになります。その結果、目立つ毛穴やたるみ、シミやくすみなどが起こる原因となってしまうわけです。

 

しかも、お肌の状態を改善しバリア機能を取り戻さななければ、、ターンオーバーは正常に戻らず、炎症は改善されません。そればかりか、悪循環が続いた肌の状態は、さらにどんどん悪化してしまいます。

乾燥性敏感肌とは?

肌のタイプは、「普通肌」「脂性肌」「乾燥肌」「混合肌」「敏感肌」のように状態によって分けられています。この中の「敏感肌」ですが、化粧品を使用後に赤くなったり、衣類や髪の毛が触れただけでも反応を起こしてしまうなど、反応が敏感に出やすい方のことをいいます。

 

なんと!ほとんどの女性が、自分は敏感肌であると思っているのだそうです。「敏感肌」というのは、お肌の水分をコントロールしている「セラミド」の減少によって起こる乾燥が原因です。

 

また、精神的な過度のストレスや、食生活、生活習慣などによるものもあります。それらの原因によって保湿力が衰えると、お肌のバリア機能が低下して、外部刺激に敏感に反応しまいます。

 

このような敏感肌の人の中で、乾燥による原因の方を、乾燥性敏感肌と呼んでいます。

乾燥性敏感肌対策

乾燥性敏感肌のお肌は、乾燥によってバリア機能が低下し、外部からの刺激に敏感に反応してしまいます。ならば、水分を補ってあげれば改善する…そう思うのは、当然のことです。

 

しかし、一時的に補っただけでは、改善にはいたりません。お肌の角質層までしっかり水分を浸透させ、しっかり保持していくことが大切です。そして、補給する水分や保持させるためのクリームは、敏感になっている肌に刺激を与えないことも重要です。そのためには、出来るだけ刺激物が入っていないものを選びましょう。

 

さらに、不足しているセラミドや、保水効果の高いヒアルロン酸などの有効成分が、たっぷり配合されているローションを選ぶといいでしょう。

 

最近では、ストレスによるもの、食生活や睡眠などの生活習慣の乱れによるものなどが原因になっている場合もあります。お肌のケアと並行して、内側からもケアするようにすれば、改善効果がアップするでしょう。